2つの温もりに感謝

      2018/11/15

11月12日ソフィーが来て455日目・シャイニーが来て251日目

あのときのことを思い出すと眠れなくなりブログを書きに起きてきました。涙

本当は思い出すだけで心が痛いのだけど、反省とともに記録に残さないといけないので書きます。

 

この日はパパの仕事関係のイベントにソフィーとシャイニーのお散歩がてら行ってきました。

場所は歩いて1時間弱の距離で、何度かソフィーともシャイニーとも平日には行ったことある場所の近く。

だけど、当日は日曜日でそのイベント以外にもたくさんイベントがやっていて私は行きたくなくて反対。

そもそも犬が入れるの?って感じのイベント(^_^;)

だけど、行くって言ったしソフィーシャイニーのお勉強のためにも連れていきたいということだったので一緒に行くことに決めました。

 

でも、行く前から嫌な予兆はたくさん。

 

今朝広場で遊んでいるときのこと、ソフィーの歯が不意にパパにガッツリ当たっちゃって血がダラダラ出る怪我を負ったパパ。

ソフィーは全く悪くなくて自分でも「これは俺がいけない」と痛さで涙を浮かべながら言っていました。

 

そんなこともあったので、イベントいくの諦めてくれたらいいな〜と黙々と畑作業をしていたのですが忘れてはくれず・・・

お昼頃おうちを出発!

 

行きはソフィーがパパ。シャイニーがわたしがリードを持つことに。

基本お散歩はわたしがするのでパパは広場でのびのびと遊ばせる専門!

なのでソフィーはパパが一緒なので車でいつもの広場にいくのではないかとワクワクモード。

家出て5分経たないうちにこれは無理じゃないかな・・・って感じに。

このときに無理やりにでも引き返せばよかったのだけど、自分の勉強のためにも頑張ると意気込むパパ。

 

ソフィーもなれない狭い道で車や電車がバンバン行き交うのでストレス度がかなり高いのも後ろから見ていてわかりました。

シャイニーもドキドキして全然お散歩が楽しそうじゃない。

 

そして極めつけにイベント会場まで行ったのに、「犬は入れない&もう終了してる」・・・(^_^;)

(ブログではこの部分の文句は書かないでおきます(^_^;))

 

近くのベンチに休憩と水を汲みにいったのだけど、そこもイベントがやっていてかなりの人だかりで音楽やマイクの音が響いている状況。

 

ソフィーもシャイニーもわりかし落ち着いて見えたのだけど・・・

パパがソフィーの首輪に手をかけたとき、リードフックに手があたってしまったようでリードが外れたソフィー。

 

「あ!!」と声がした瞬間、全速力で走って遠くの方に行くソフィーの姿が。

交通量の多い道路に思いっきり飛び出したソフィーの姿を前になにがおきたか把握出来ずに呆然とする私。

リードを投げ捨て走っていくパパ。

 

この瞬間のことはわたしもしっかり思い出せないけど、ソフィーが死んじゃうって思ったのだけははっきり覚えています。

スポンサーリンク

 

リードを拾い慌ててソフィーが逃げていった方にいくと、パパとソフィーと数名の人だかりが。

 

ソフィーはケロッとしていて傷一つない様子。

 

周りの方が「わんちゃんは怪我していないけど、お父さんが・・・」と心配そうに声をかけてくれました。

 

ゴツゴツのコンクリートの上にジャンプスライディングして捕まえたようで、ズボンは破け膝から血をダラダラ流している姿が。

 

幸い歩けないほどではなかったので消毒液と絆創膏を買いそのまま帰路に着くことに。

 

 

 

 

 

ソフィーや他の人を巻き込んだ事故にならなかったのは奇跡としか言いようがないほどの人出と交通量の中の出来事にその後震えが止まりませんでした。涙

 

ソフィーが車に敷かれたら、バイクとぶつかってバイクの人も転倒してしまったら、子供を突き飛ばしちゃったら・・・

今考えても本当に恐ろしいです。

 

なんであの瞬間だけ車も人もあまりいなかったのか不思議なくらいの状況でした。

 

一歩間違えば、いまこの瞬間ブログなんて綴っていられません。

 

今回のことで強く心に決めたのが、「人間の都合に犬を付き合わせない」。

 

わが家の近辺は整備された道のほうが少なく、田んぼや畑がたくさんあります。

今後引っ越ししてもいま以上に都会に済むことはほぼ100%ありません。

 

だから正直いつものお散歩コース以上の人混みや大きな音楽、狭い道でトラックとすれ違う経験ってあまり必要ないのではないかな。

 

わが家の生活上そんな経験が必要になるのは年に数回あるかないか。

 

年に数回あるかないかの人間都合のイベントのときはお留守番していてもらえばいい。

 

どこにでも一緒にいけるのもすごく楽しいかもしれないけど、そもそも私がお出かけ好きではない(^_^;)

いつもの広場でのびのびと一緒に遊んでいる時間のほうがよっぽど楽しいし、ソフィーシャイニーもそう思っていると思うんだよね。

 

それなら人間の都合に合わせてもらうんじゃなくて、人間が犬に合わせたほうがよっぽど幸せなんじゃないかな。

思い返せばソフィーの好きな場所に出かけているときのほうが、人間も犬も楽しんでいると思う。

 

訓練という名の練習も必要かもしれないけど、わが家での生活の最低限のマナーを覚えてもらえればそれ以上望まなくても十分幸せだよね。

 

そんな話しを帰ってきてからしていました。

 

いま左にシャイニー、右にソフィーが寝ていてこの温もりに癒やされています。

危うく片方の温もりがなくなるところでした。

いまこの温もりを感じられることに本当に感謝です。

生きていてくれるだけでわたしの宝物です!

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

 - 日常