シャイニーのホルモン反応性尿失禁の経過まとめ

   

今日はシャイニーが避妊手術後に恐らく「ホルモン反応性尿失禁」だと思われる、お漏らしをし始めてから今日までの様子を少しまとめてみようと思います。

 

2018年1月9日産まれのシャイニー

2018年7月17日に避妊手術を受けました。

その後特に変化はなく月日は流れ・・・

2018年12月20日寝ているときに2回のお漏らし(本犬は自覚なくお尻のあたりが濡れていました)

次の日もお漏らしが続いていたので12月22日おしっこをもって病院へ

 

尿検査の結果には問題がなく、先生の意見を聞いても年齢的には早いけれども「ホルモン反応性尿失禁」の可能性があると言われました。

 

その場合の先生の意見を聞くと、

命に関わるものではなく尿漏れは人間と同じ生活上の問題なので、薬による治療を行わなくも問題はないとのこと。

人間がどうしてもお漏らしに困ったときには薬の手段がある。

 

この言葉を聞いてすごく安心しました。

人間との生活の上でお漏らしは不便かもしれないけれど、病気ではない!

食事や運動の仕方で完治ではないけれど、緩和は出来る!

 

お薬は飲み始めるとずっと飲み続けないとまたお漏らしの症状が出てしまうと聞いたので、自然療法で緩和させていくことに決めました。

 

アドバイスを頂き、ホルモンバランスを整えるために、イソフラボンを含む大豆製品の、高野豆腐・きな粉・納豆・豆腐を毎日ちょっとずつあげました。(アレルギー反応が出ないように少量ずつ!)

スポンサーリンク

あとは、尿漏れを減らすには後脚を使う筋トレが効果的で、バランスボールや後退、バーまたぎが良いと教えて頂いたので、

坂道で遊んだり、一段一段が高めの石造りの階段を昇ったり降りたりを繰り返したりと意識して取り入れていました。

 

あとは、出来るだけ早め早めにトイレに誘う!

 

そんなこんなをずーーっと続けていました。

 

毎日毎日ソファーやカーペットの除菌と乾燥、お漏らしをした毛布の洗濯・・・と、たまに本当に緩和されるのかな・・・?と不安に思ったり。

 

2019年1月21日のブログを読むとここ1週間はお漏らし0だー!と喜び

だけど、1月30日のブログを読むとまたお漏らしの波が・・・と嘆いていたり・・・

一喜一憂している様子を思い出します。

 

2019年2月5日には「2、3日しないなーと思ったら3、4日後にちょぴっとしているのの繰り返し。」と書いてあり

毎日だったお漏らしがだんだんと減っていっている様子がわかります。

 

2019年4月23日には「当初は多い時では一日5、6回のお漏らしがあったけれど、ここ数か月ずーーっとお漏らし0!」

ついにお漏らし0に!!!

そして現在2019年7月3日までずーっとお漏らし0を継続中です。

 

12月20日にお漏らしが始まり、3月あたりからお漏らし0が継続中。

約2か月間かかって今の状態に落ち着いたようです。

そう考えると、まだお漏らし0継続は4、5か月程度のよう。

 

もっと昔の話しのように感じるけれどもつい5か月前まではお漏らしをしていたんだなー。

 

病院の先生にも波があるから、完璧な完治ではなくまた数年後や数か月後に症状が出てくる可能性はあると言われています。

 

まあでも、病気ではないし!とわたしは考えています(^-^)

 

またお漏らしが復活しても、波が来ただけと思えるはず。(おしっこをもって病院に尿検査のお願いはすると思うけれども)

 

こうやって振り返っていると、ブログに綴る大切さをすごく感じています。

 

今後のためにもこれからはまたちゃんとブログを書くぞー!

 

スポンサーリンク

 - 健康